市民のみなさんへ/漏水減免制度について/漏水減免の申請について

漏水減免の申請について

漏水減免の申請については、下記のことにご留意の上ご提出ください。

1.上水道対象の場合

  • (1)地下漏水であること
  • (2) 受水槽、給湯器などの特殊器具を経由しない箇所での漏水であること
  • (3) 修繕が完了していること
  • (4) 福知山市水道事業指定給水装置工事事業者による修繕であること
  • (5) 提出書類
  • ①水道料金等減免申請書・・・ 様式1
  • ②工事図面・・・ 別紙
  • ③漏水修繕明細または請求書(コピー可)
  • ④漏水箇所の分かる写真

様式のダウンロードはこちらから

2.簡易水道対象の場合

  • (1)地下漏水であること
  • (2)受水槽、給湯器などの特殊器具を経由しない箇所での漏水であること
  • (3)修繕が完了していること
  • (4)福知山市水道事業指定給水装置工事事業者による修繕であること
  • (5)提出書類
  • ①水道料金等減免申請書・・・ 様式1
  • ②工事図面・・・ 別紙
  • ③漏水修繕明細または請求書(コピー可)
  • ④漏水箇所の分かる写真

様式のダウンロードはこちらから

3.下水道対象の場合

  • (1)漏れた水が下水管に流れ込んでいないこと
  • (2)修繕が完了していること
  • (3) 提出書類
  • ①水道料金等減免申請書・・・ 様式1
  • ②工事図面・・・ 別紙
  • ③漏水修繕明細または請求書(コピー可)
  • ④漏水箇所の分かる写真

様式のダウンロードはこちらから

4.その他

  • 修繕箇所図面は、漏水箇所及び漏水部分がわかる簡易なもので結構です。
  • 減免対象は、最大4か月です。
  • 修繕により適正な水量に安定したことを確認するため、修繕完了後の2回目の検針を待って手続きを行います。また、漏水対象月を1年前の同月と比較して漏水量を推定しますが、1年以上前から漏水が続いていたと推測される場合など、修繕後2回目までの検針水量を平均して比較しますので、書類提出後、結果が出るまで数カ月お待ちいただく場合があります。
    計算式
  • 減免率は次のとおりです

上水:推定漏水量の2分の1
下水:推定漏水量全量
ただし、比較水量が基本使用量以下の場合、減免される料金は、基本料金を差し引いたものとなります。

5.修繕完了後、2か月以内に申請してください。

ご不明の点につきましては、下記までお問い合わせください。

問い合わせ先
〒620-0876
福知山市字堀(水内)945番地
福知山市上下水道部お客様サービス課 収納係
電 話 (0773)22-6501 FAX (0773)22-6555

市民のみなさんへ


福知山市上下水道部はISO9001:2008を
取得し、品質マネジメントに取り組んで
います。

バナー
バナーとしてお使いください。

ページトップへ