市民のみなさんへ/鉛給水管の取り組み

鉛給水管の取り組み

1.鉛給水管について

 昭和58年以前に設置された給水管(旧三町を除く)には、鉛管が使われています。

給水管が鉛管であっても、日常生活で水道を使用される範囲であれば、鉛の濃度は国の定める基準以下であり、特に問題ありませんが、水道水が給水管に長時間滞留した場合、鉛の濃度が高くなることや、消毒用の塩素が少なくなることがあります。

 朝夕一番の水道水や旅行などで留守にされたときなどは、念のため最初の水をバケツ一杯(約10リットル)程度、トイレ・洗濯等飲用以外にお使いください。

2.鉛給水管の取替について

 上下水道部では、漏水防止による有収率の向上を目指し、配水管(公道下)から宅地内メーターまでについては鉛給水管の解消に向けて計画的に取り替えておりますが、宅地内の給水管の取り替えについては、個人の財産として維持管理も含めお客様が行うことになっております。各ご家庭で取り替えにご協力いただきますようお願いいたします。

 平成21年度から宅地内の鉛給水管を取り替えられる場合は、併せて上下水道部で配水管(公道下)から宅地内メーターまでの取り替えを行います。

お問い合せは、水道課 工務係(電話22-6502)までご相談下さい。

市民のみなさんへ


福知山市上下水道部はISO9001:2008を
取得し、品質マネジメントに取り組んで
います。

バナー
バナーとしてお使いください。

ページトップへ